ブログ

スキンケアの必要性のエビデンスを知れた!

企業様・子育て支援センター様

先日、名寄市立病院産婦人科病棟様で開催させていただいたベビースキンケア講座のご感想を紹介いたします。

《助産師》
具体的なケアを教えていただき勉強になりました。
お母さんたちが、悩んだり、不安に思わないでケアできるように支援していきたいと思います。

《助産師》
男の子のデリケートゾーンの洗い方、いつもは「パパが洗い方をわかっているから」と話していたけどだめですね!自分の子は夫がきちんとしてくれていたのですが、みんながそうとは限らないです
ね。

《助産師》
デリケートゾーンのケア、体の洗い方などよくわかりました。
今後病棟スタッフで統一できるようにしていきたいです。

《助産師》
外陰の洗い方について勉強になりました。
手足の洗い方、ほかの部位との洗い方も勉強になりました。

《助産師・5年目》
自分の知らない知識がたくさんありました。デリケートゾーンには自信がなかったので、これから自信を持って説明できます。沐浴の方法も具体的でわかりやすかったです。本当にありがとうございました。

《助産師・4年目》
普段沐浴指導をしているが、説明が不足しているところにも気づくことがあった。
お母さんからの質問にも、今日のを生かして説明していきたい。
退院後の母子のことを考えて説明指導に生かしていきたい。
本当に勉強になりました。ありがとうございます。

《看護師》
スキンケアの必要性をなぜ必要なのか、エビデンスを知ることができた。
お母さんは何を思っているのか、入院中の疑問点を知ることができこれからの関わりに生かしていきたい。

《看護師・3年目》
貴重な勉強会をありがとうございました。
皮膚トラブルで小児科入院する方も多かったです。
今日の学びをもう一度振り返り、今後に活かしていこうと思います。
また何か勉強会があるときには、ぜひ参加したいと思います。

《大学教授》
昨年の日本母性衛生学会で小児科医から泡を使った入院中からのスキンケアを推奨していました。具体的でわかりやすく、手作りの資料もあたたかい感じがしました。
どんどん広げて、スキンケア上手なママ達を増やしてください。

ご参加の皆様、貴重なお時間をありがとうございました。
助産師さんだけでなく、小児科病棟を担当している看護師さん、学生指導に携わっている経験豊富な大学教授のご参加いただき、ありがとうございました!

講座依頼をご検討の方は、こちらも参考ください。